フォローとは (Follow)

Posted @ 2009年08月31日(月) , 00:00 by

スポンサードリンク

フォロー ミー Twitter

Twitter(ツイッター)を利用するに当たり、一番最初にすべきことは自分のことについて呟くこと、そしてその次に行うのが「フォロー」という行為である。

そのフォローに付いてここで解説しようと思う。

フォローとは

簡単にいうと、フォローするというのは、他の人のつぶやきを自分のタイムラインに表示すること。

そして、フォローすると、その相手に対して「私があなたをフォローしました。」といった通知が行くようになっている。(※相手の設定によっては通知しない。)

ここで大事なのは、
このフォローという行為がない限り、Twitter上ではほとんど繋がりを起こすことがないという事だ。

自分がフォローし、そして相手がフォローを返してくれることで、双方のタイムラインにお互いの発言(つぶやき)が表示され、Twitter上でのFriend(フレンド)となる。このつながりを形成することが、Twitter上で何かを起こす第一歩となるのだ。

初めてフォローする際に気を付けたいこと

そしてフォローする際に重要なことは、冒頭でも申し上げた通り、フォローする前に何かしら自分をプレゼンするようなつぶやきをしておかなければ、もしくはプロフィールに自分が何者か分かるような情報を登録しておかなければ、なかなかフォローを返してもらうことは出来ない。

大事なことなのでもう一度いうが、フォローする前に、自分が何者かが分かるようにしておくということだ。これをやっておかないと、フォローをなかなか返してもらえない。

フォローというものを哲学的に考えると

フォローとは、相手の時間軸を自分の時間軸と融合し、相手の経験を同時系列で擬似的に共有することである。それ故にタイムラインという名称は秀逸と言わざるを得ない。Twitter / ついーたー ★ Tweeter.jp

なかなか良い考え方なので引用させてもらった一文。ただし、小難しいことを言っているが、フォローするという行為はとても緩いつながりを形成するものなので、あまり硬くならないほうが良い。

このあとのつぶやきで言っていることでもあるが、ビジネスライクにつながりはじめるのではなく、緩く始まり、それが人によっては強固になっていく。それがフォローしあうということなのだ。

人間誰しも集中、散漫、睡眠、覚醒を繰り返し、自分の全経験に意識を向けているわけではない。自分の時間軸に取り入れた相手の経験についても自由だ。その自由がフォローしている相手との緩く深いつながりを自然に形成していく。
Twitter / ついーたー ★ Tweeter.jp

タイムラインを集中して見ている人など、ほとんどいないであろう。しかし、何気なく眺めていることで、自分の興味のあることにはふと目が行ってしまうものである。
そんなときにフォローしていることの効果が発揮されるのだ。

そこで効果を発揮させる行為が、リプライ(@)とRT(リツイット)だ。

リプライはその人に対して返事をすること、その返事は返事をしてくれた人のフォロワーにも見られる。そして、RTは自分のフォロワーに対してその人の発言を広めてくれるもの。これらの行為によって、つながりはさらに外へ外へと広がっていくわけだ。

これはSNSでは味わえない、非常におもしろい現象だと言えるのではなかろうか。

フォローはこちらからどうぞ

スポンサードリンク

  • Comment @ フォローとは (Follow)
  • RSS

What Is Your Comment?


* = required